お正月に使われる、いろいろな言葉の説明です。

迎春かどまつ

 ■ かどまつ
 お正月に、年神様を迎え、降りてきてもらう場所を示すために、かどまつをたてます。
 年神様は、七夕の笹なども同じですが、松や笹などの青々と茂った常緑樹を好み、降りてこられます。
 その場所の事を依代(よりしろ)といいます。長野の御柱祭でのたてられた柱も依代といわれます。
 小学校の元旦に歌う唱歌の中に、皆様も良くご存じの、「松竹たてて門ごとに、祝う今日こそ楽しけれ」がありますが、そのことでかどまつが普及したようにもいわれます。

 

おせち料理

 ■ おせち料理
 正月の松の内に、誰もが必ず食べるおせち料理。その主な食材は、黒豆、ごまめ、カズノコ、ごぼう、昆布巻、里芋、レンコン、きんとんなどがあります。

 

 黒豆はこまめに働くように、ごまめは農作物がよくとれますように、カズノコは子孫繁栄しますように、ごぼうも農作物がよくとれますように、昆布巻はよをつけて、いつも喜びを絶やさないように、里芋は人の上に立って働けるように、レンコンは将来が見通せるようになど。
 鯛の塩焼きは、“めでたい”を意味し、これもおせち同様かかせないものです。

鯛の塩焼き

 本来おせち料理は各家庭の味で受け継がれてきたものですが、最近では、百貨店やスーパーなどで予約をし購入しているみたいです。

 

お雑煮

 ■ 雑煮

 三が日の朝、各家庭でおせちと一緒に食べるお雑煮。
 これは、各地方によって、味や作り方は様々です。関東ではすまし汁に対し、て関西では、白みそ仕立てなど。

 

鏡餅

 ■ 鏡餅

 年神様に供えるためのお餅で、大小二個を重ね、橙、昆布、裏白を添えて飾りリつけたもの。
 橙は代々縁起が良いもの、昆布はよろこぶ、裏白はシダ科の植物でめでたいものとされています。
 1/11の鏡開きに、割って、お汁粉やお雑煮に入れたりして食べます。

 

 ■ お年玉
 もとは、お年玉は、年神様より授かった魂で、各家庭ではそれに似せたしいさな丸餅を配りました。
 それが、近年では、お正月に親や大人から子供たちに配る、金銭のお年玉になりました。
 子供たちはお年玉をあてにし、近所や親戚の家へ挨拶に行きます。子どもたちにとっては、お正月の一番の楽しみです。

お年玉

 

 ■ 七草粥 はこちらを参照       ■ 鏡開き はこちらを参照

 

 ■ 元旦 1月1日の朝
 ■ 大正月 今は元旦から1月7日までをいうのが多いが、時期年代によって様々にいわれています。
 ■ 三が日 1月1日〜1月3日
 ■ 松の内 1月1日から1月7日といわれるのが多いが、15日までをいう場合もある。
 ■ 小正月 1月15日。地方によって様々で、15〜20日、20日のみとか。

いろいろな語句の説明関連ページ

新しい年の初め、お正月
正月の行事・慣習のいろいろ